モラハラ王国へようこそ!

モラハラで潔癖症な夫とのモラハラ王国での生活を備忘録的にまとめてみました。

給料明細と源泉徴収票

2019年12月に生活費が欲しいと話したときに私は自分の給料明細と源泉徴収票を添付した

私の収入に偽りがないこと

本気で困っていることを伝えるために

そしてモラ様にもモラ様自身の収入を教えてほしいとお願いした

 

あれから2ヶ月が経ったが

未だにモラ様は私に給料明細を見せてこない

 

忘れたのだろうか

 

1月にも同じことを伝えたが

その時は「隠すことなんてないから見せるよ」と言っていた

 

それでも、今の今まで給料明細を見せてこない

 

私は自分の給料明細と源泉徴収票をモラ様が持ち続けていることに疑問を感じた

 

フェアじゃない

 

私はモラ様の収入を教えてもらえてない

私は開示したのに

 

だから、私の明細を返して貰おうと思った

 

「12月に私の給料明細と源泉徴収票渡したと思うんだけど、捨てちゃったかなぁ?」

 

悪意なく伝えたつもりだ

言葉も慎重に選んだ

 

「あー…、どうだろう。探してみるね。」

源泉徴収票なんてもらったっけ?」

 

あ、もらってないって方向に持っていくつもりか

 

「A4サイズの紙を2枚渡したよ?あれ給料明細と源泉徴収票だから。」

 

源泉徴収票ってもっとこう…サイズとか違うよね?あれ原本なの?」

 

ごちゃごちゃうるさい王様だ

早く返せ

 

「うちの会社はA4サイズなの。PDFで届くから。」

 

モラ様探し始める

 

数分後、1枚の紙を渡された

 

「ほんとだ、これ源泉徴収票って書いてある」

「平成30年分かー」

 

なにを独り言言っているのだろうか

ってか、給料明細は?

 

「給料明細はなくしちゃった?」

 

 

 

「あー、源泉徴収票って言われたから…」

 

 

いや、最初から私は「給料明細と源泉徴収票」と伝えた

都合の悪いことはなかったことにするのだろう

そもそも私の明細を返さないことがおかしい

 

まだまだごちゃごちゃ言っている

「コピーをくれたんだと思ってた…」

 

やっと給料明細も返してもらえた

 

 

私は家計簿にその明細をふたつ折りにして挟んで風呂に入った

 

私が風呂からあがり、モラ様が息子と風呂に入った

 

給料明細と源泉徴収票を動かした形跡がある

 

 

私は2枚の紙を故意に微妙にずらして家計簿に挟んだ

揃えていない

あくまで自然に

 

 

 

なのに、風呂からあがったら、ぴったり揃えて挟まっている明細が不自然だった

 

私の入浴中に誰かが見た

 

もちろんモラ様以外に考えられない

プリンターの電源は丁寧に切られていた

プリンターを使った形跡はなかったが

 

モラ様の鞄にはコピーした私の明細が入っていた

 

 

やっぱり

 

でも、何故コピーしたのだろうか

 

私はそこから抜き取り破り捨てた

 

もちろんもう2度とコピーできないように私の持っている明細も破り捨てた

 

コピーがなくなったらモラ様は私に何か言うだろうか

 

最初に人の明細を盗んでコピーしたのはモラ様なので本当なら言えるはずもない

 

そもそもコピーだろうが原本だろうが

 

私の給料明細と源泉徴収票

どう処理するかは私に権限がある

 

モラ様は私に自分の給料を開示しないくせに私の明細はコピーを取っていたこともおかしい

 

そろそろもう一度生活費の話をしてみなければならない

怒りと悔しさと切なさと

年末辺りからずっと生活費の話をしている

 

・住宅ローン、光熱費などはモラ様

・食費、娘の費用は私

 

と、ざっくり分けて【夫婦別財布制】を結婚当初から取り入れてきた

 

息子が保育園に入園するとき、保育料は当然夫側の口座から引き落とすものだと思っていたので

「この紙に(保育料の)引き落とし口座書いておいて」なんて気軽に言ってしまった

 

モラハラに気づいておらず痛恨のミス

 

それが逆鱗に触れてしまい

『俺は保育料払うよ。そのかわり、娘がシャワー出しっぱなしでイライラするから、ガス代払ってよ』とマネハラされた

 

保育料が増えたこと以外は

独身時代からさほど支出が変わらないモラ様

 

息子が産まれ、ミルクやオムツ代が『食費』に含まれることとなり、さらにはガス代が私の少ない月収に重くのしかかった

 

そして、息子が産まれたとほぼ同時期に元夫からの養育費滞納

 

私の収入が激減する

 

もちろんモラ様にも養育費滞納の件は相談をしていた

 

でも、『収入減って大変だね、大丈夫?』などといった優しい言葉なんて全くなかった

 

むしろ面白がっていた

 

強制執行しちゃえば?やっちゃいなよ~😁』なんて楽しそうだった

 

産休も終わり、育休が始まった

 

もちろん働いてないので収入はない

 

養育費も滞れば私が出してる家計は貯蓄を切り崩すこととなる

 

それでもモラ様には困っていることを言えなかった

 

強がりだったかもしれないし

結婚当初に決めた【夫婦別財布】に異議を申し立てるのはモラ様を怒らせることになると心のどこかで思っていたのかもしれない

そして『別財布にしようって言ったのは嫁さんだよ!』と、まるで私独断の決定事項かのごとく言われるのが目に見えていた

 

しばらくしたら、養育費は減額されたがまた安定的に払ってもらえるようになった

 

育休も終わり、仕事も復帰した

なんとか収入も安定してきた

 

しかし、モラ様の虐待がひどく

私は時短勤務をとるようになった

モラ様と娘を2人きりにさせないために

 

私の収入は下がった

 

そして今に至るが、

モラ様は前回

『嫁さんの月収を上回ったら、上回った部分を俺が負担する』と言ってくれたが

 

全く納得がいかない

 

モチベーションが上がらない制度だし、そもそもモラ様は月収も年収も、貯蓄額も何も提示してくれない

 

一度は見せてくれた給与明細は、他の項目を隠すように手取りの部分(住宅ローンも差し引いた)残りのわずかな部分だけを見せて

 

俺はこれだけしかもらえてないのに、色々払ってるんだ!俺だって大変なんだ!とモラれた

 

なぜ、モラハラされて

マネハラされて

 

困っていることを伝えたら上から目線で

ものすごい上空から

 

『上回った部分を俺が負担する』と言ったのだろう

 

そもそも収入見せてほしい

 

どれだけモラ様は毎月支払っているのかわからない

 

モラ様も毎月月収で賄えていないのなら、そもそも世帯支出として全体的に今より落とさなければならないのに

 

そんな話も全くできない

 

 

 

私は納戸にあるモラ様の給与明細を無断で見てみることにした

 

 

手取りはそこそこある

むしろ四人家族としては申し分ない

 

そこから

財形貯蓄   50000円

年金積立   10000円

 

差し引かれている

 

六万も先取り貯蓄してるじゃないか

 

 

こんなに潤っているモラ様が本当に嫌いになる

 

そして、私は一番気付きたくない項目に目がいった

 

【親族手当  35000円】

 

 

子供2人が扶養にはいってると毎月これだけもらえているようだ

 

 

そして冒頭の

【夫婦別財布】だが、私は娘の費用を全般的に負担している

 

3年生まで通っていた学童も、給食費も、習い事も被服も学用品も誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントも、学資保険もなにもかも私が払っていた。もちろん元夫の養育費も充当しているが。

 

むしろ、養育費をしっかりもらえていたからこそ、私は娘のためのお金をだしてきたつもりだが、

 

モラ様はなにも払っていない

 

娘にかかる高額出費があったとしても

『娘にかかるお金は嫁さん担当でしょ?がんばれ~』なんて、まるで他人事だった

 

それなのに親族手当35000円

 

もちろん今の手当には息子の分も入っているので、息子が産まれる前の給与明細も確認する

 

当時の親族手当22100円

 

小学生1人扶養しただけで、二万ももらえるなんて!

 

モラ様と再婚して今月で丸3年になる

 

20000円×36ヶ月

 

およそ80万円

 

何度も書くが、モラ様は娘にかかる費用を全く払っていない

それどころか、どれだけ私が困っていても払うそぶりもなかった

更には、親族手当もらってるくせに

『娘がシャワー出しっぱなしでイライラするから、ガス代払ってよ』なんて言ってきた男だ

ありえない

意味がわからない

 

親族手当をもらっていることも聞いたことがない

 

私は怒りで震えた

 

悔しい

 

悲しい

 

虚しい

 

この80万円は私がもらうべきお金で、ここから娘にかかる費用を払うべきだと思った

 

親族手当が入ってることも言わず

自分だけしっかり貯蓄をして

 

『共働きなら家計は協力するべきだ!』と豪語していたが

 

私が育休の時は協力してほしかった

 

悔しい

本当に悔しい

 

まだ家計についての戦いは始まったばかりだ

 

今後は丸め込まれないよう努めたい

 

 

 

 

 

モラ王国の妻は給料を生活費で使いきるのが大前提

生活費の話を改めてしてみました

 

『生活費をモラ様に全額負担してほしい』という話からだいぶ譲歩して

『嫁さんの月収で賄えていない生活費だけモラ様が補填する』に落ち着きました…

 

例えば私の収入が20万円だったとして、月の支出が25万円だったら、5万円をモラ様が負担してくれるというルール

 

いつも『話し合い』をすると、『言いくるめられた感』が残ります

 

完全モラペースです

 

私は毎月給料を使いきるのが大前提なのでしょうか?

夫婦別財布だと、こういうのが『助け合い』になるのでしょうか…

 

私の月収は、会社からの給料と元夫からの養育費の合算ですが

 

養育費も全て使いきるのが大前提なのでしょうか?

 

『これで嫁さんの不安は取り除けるでしょ!』

『毎月ちゃんとお給料もらえて、養育費だってもらえてるんでしょう?だったら、足りないとこだけ俺出してあげるよ!』

 

まるで、とてもいい案を思い付いたと言わんばかりの台詞です

 

なんでしょう、このモヤモヤ感

 

がんばって節約すればするほどバカを見るルール

毎月定額を貰ってやりくりする方がモチベーションも上がります

 

モラ様は私の年収の3倍もあるのに

 

誰かはっきりとマネハラだと言ってほしい

 

相手の感情に責任をもつ必要性はない

被害者グループワーク参加してきました

 

モラ様がモラモラ期のため、話しかけないようにしていることをファシリテーターに伝えました

 

モラ族というものは、そもそもこちらが何をしようがハネムーン期→モラモラ期(蓄積期)→爆発期のサイクルは絶対的にあって、モラモラ期に相手の顔色伺って怒らせないように努めても、それは爆発期を2,3日遅らせるだけにすぎない、と。

 

だから、顔色を伺う必要性はない

 

と、言われました

 

むしろ、顔色伺って怒らせないようにするのは、相手にとってはそれが『成功体験』になり、被害者側に顔色伺わせることにより、自分をお膳立てするよう仕向けられている、と。

 

なんてこった

 

 

そもそも、『相手の感情に責任をもつ必要性はない』と。

 

怒りたいから怒っているわけだし

 

モラ様が怒ることを選んだわけだから勝手に怒らせておけばいい、ってこと

 

しかも、怒らせないようにしたって怒るわけだし

 

でも、「俺を怒らせるようなことを言ったお前が悪い!怒るようなことを言わなきゃいいんだ!」と言われるんですよね

 

責任転嫁

 

怒ることを選べと私が指示したわけでもないのに

 

意味不明

 

前は「そうか、私がモラ様を怒らせてしまったんだな、今度から気をつけよう」って思っていたけど、そんなこと全然思わなくていい

 

そう思えるようになかなかなれないけど

 

今は少しずつ私の考え方も変化してきた

 

「イライラしてないのにイライラしてるって言われるからイライラするんだけど!決めつけないでよ!」と怒られるけど

 

うん、めっちゃイライラしてんじゃん

 

図星だから怒ってるんじゃん

 

それも責任転嫁

 

イライラするかどうかはモラ様が選んでやったこと

 

だから相手の感情に責任をもつ必要性ないんだよな

 

でも『相手の感情に責任をもつ必要性ははいけれども、行為には責任をもつべき』と

 

娘がモラ様に対して怖いと感じたことには責任をもつことはしなくても、『怖いと感じさせてしまったこと』その『行為』には責任をもつべきと言われました

 

紙に書いて壁に貼っておこうと思いました

 

今年のテーマにしよう

 

 

なんだか蓄積期

少しの感情の変化が読み取れるようになるのは、モラ族と住む人間の特性なのかもしれない。

 

最近、私はモラ様に生活費が欲しいと再度交渉しようと思っていて、どんな風に話すか構想を練っていた

 

今日は久々に話しかけられるチャンス!

 

そう、思ったが一瞬で雲行きが変わった

 

なにやら肩凝りがひどいらしい

 

目付きがだんだん悪くなる

 

肩凝りがひどいときに、お金の話なんてしてはならない

余計こじれるだけ

 

せっかくきたチャンスも泣く泣く逃すこととなる

 

肩凝りがひどいので、肩甲骨あたりをマッサージしてあげた(マッサージしてほしいと言われたからしただけで、自らマッサージしてあげるとは言ってない)

 

肩甲骨の筋肉が気持ち悪い

脂身のある肉の塊のような感覚

何度も笑いながら「なんかここ(肩甲骨)、気持ち悪い~」と言っていたら

 

ガチギレされた

 

あぁ、そうだった機嫌悪いんでした

 

ミス1

 

ドラマを見ていても批判的なコメントが多かった

 

そういうときは、たいてい機嫌が悪い

 

 

今日は生活費の話は見送ることとした

無惨様とモラ様

インフルエンザA型になり療養中です

娘の部屋に隔離されてます、私(笑)

主寝室、リビング以外にエアコンついてるの娘の部屋しかなくて…

でもマンガあるし、スマホで動画も見れるし、意外と快適…と思ってましたが

解熱したら暇すぎた

かといって家のなかウロウロして感染拡大させるわけにもいかず

 

ってことで、マンガ読み漁りました

 

鬼滅の刃

 

今、世間では人気ですよね

ざっくり言えば鬼VS人間です

めっちゃ端折りましたが

そんなとこです

(鬼滅ファンのかた、すみません。)

今日半日かけて全部読み終えたのですが

 

敵のボスキャラ『鬼舞辻無惨』


f:id:syk3smile:20200113180258j:image

 

巻頭の人物紹介ではこんな風に書かれています

 

そして、この無惨様

 

 

めちゃくちゃモラハラパワハラ気質!!( ; ゜Д゜)

 

もう、セリフの全てがモラハラです

(いや、笑い事じゃないけど、そうでもしないとインフルで弱った私、正気を保てない…)

 

ってことで、無惨様のモラハラパワハラエピソードを抜粋します

マンガを引用したら何かと問題になりそうな気配もするので台詞のみで

 

無惨様は自分の血を分け与えることにより人間を鬼化できる能力を持っています

そして、その鬼のなかでも12人の強い鬼に番号をつけています

上限の壱・弐・参・肆・伍・陸

下弦の壱・弐・参・肆・伍・陸

一番強いのが上限の壱

一番弱いのが下弦の陸という感じ

そんな強い部下を携えて、鬼狩りをする人間たちと戦うお話です

 

 

■下弦の肆(し)

『誰が喋って良いと言った?貴様共のくだらぬ意思で物を言うな   私に聞かれた事にのみ答えよ』

 

下弦の鬼たちが集められ、うっかり喋っちゃった下弦の肆が注意されたときの場面です

モラですね、モラ様もこんな感じでした

ってか先日も大なり小なりこんな感じでした

 

『俺が娘と話してるんだから、嫁さんは喋らないでくれる?』って雰囲気と一緒です

 

そして、このあと第52話で

『お前はいつも鬼狩りの柱と遭遇した場合、逃亡しようと思っているな』

と下弦の肆は無惨様に聞かれます

 

「いいえ思っていません!私は貴方様のために命をかけて戦います」と下弦の肆は答えますが

 

畳み掛けるように無惨様は

『お前は私が言うことを否定するのか?』と。

 

肯定も否定もダメーーー!( ; ゜Д゜)

どっちで答えてもダメなやつじゃーん!( ; ゜Д゜)

 

そして、あっけなく無惨様にやられてました

かわいそうに

 

■下弦の弐(に)

私こそは必ず役に立てる!と申し出た下弦の弐。

具体的にどれだけのことが出来るのか無惨様は尋ねました

「貴方様の血を分けて戴ければ!(中略)より強力な鬼となり戦います」と宣誓した下弦の弐

 

『なぜ私がお前の指図で血を与えねばならんのだ  甚だ図々しい  身の程を弁えろ』

 

「…!違います!!  違います!! 私は 」

 

『黙れ  何も違わない  私は何も間違えない』

『全ての決定権は私に有り  私の言うことは絶対である   お前に拒否する権利はない  私が“正しい”と言ったことが“正しい”のだ』

『お前は私に指図した  死に値する』

 

あー、そうそうこの感じ。

俺だけが正しくて、俺が正しいと言ったことだけがこの世の全てって雰囲気

めちゃくちゃモラ様だなぁ…なんて読み進めたら何だか面白くなってきました

 

いや、きっと鬼滅の刃の面白さってそこじゃないんだけど

 

私は伊之助推しです

 

ぜひ、みなさんも読んでみてくださいね

 

 

 

 

 

 

モラ王国のルール(番外編)

ルールとして制定されてるわけではなく、なんとなく決められてることを羅列していきます

過去のモラルールなので今は適用されてないものもあります

 

■モラ様の食べているものを欲しがってはならない

 

娘がそれいいな~なんて言ったらモラ様キレます。

「俺のものだ!!」と何故か怒ります。

逆に娘が食べているものを自慢すると食費は私が負担しているため

「俺のは俺の金でたくさん買うから!」とムキになります。

そして娘が食べているものを勝手に取ります。

小学生と同レベルの戦いです

 

■わがままを言うとキレられます

わがまま言うな!と怒られます

わがままを言う子供は我慢ができない子供だと罵られます

でも一番わがまま言っているのはモラ様です

 

■息子がおもちゃを投げると私と娘がモラ様の顔色を伺います

家のなかを傷つける行為はとても慎重になります

息子が壁や床を傷つけると

「そんな、おもちゃを渡した嫁さんが悪い」と言われました

 

 

■モラ様の近くを歩いてはいけません

うっかりモラ様の足を踏むと怒鳴られます

歩行速度が合わないので近くを歩かないよう気を付けます

 

かといって離れて歩くと

「家族なのにおかしいじゃないか!離れすぎだろ!」と、またまた怒られました

 

■魚焼きグリルは使用禁止

グリルって庫内の掃除って丸洗いできないですよね…だから使ったことがないと言われました。そう言われたら私も使えません。今でも魚はフライパンで焼いてます

 

■どんなに急務でも2階のトイレは禁止

今でも続いてますが2階のトイレは誰一人使っていません

モラ様はトイレが長いですが、待たなければなりません

自分のトイレを急かされるのが嫌だから「2階のトイレ使っていいよ~」と言われますが、使ったあとに文句を言われたくないし、1階のトイレに行きたいことを催促しても怒られるので、ただじっと待つしかありません。

 

■洗面所で靴洗い禁止…?

このへんのルールは不透明です

全盛期では靴は外で洗うものとされ、真冬でも極寒のなか外で冷たい水で洗ってました

昭和か!( ; ゜Д゜)

今では娘は風呂場で上履きとか洗っているようですが、私はモラ様がいないとき、モラ様が寝ているときに洗面所で洗います

 

どこで洗っていいのかは怖くて聞けてないのですが、現行犯でなければ注意されないので、しれっと洗面所で靴洗いしてます

 

ちなみに、洗面所で習字の筆を洗うのは許可が降りています